« おはようございます | トップページ | 岡山市リフォーム »

2017年8月13日 (日)

浮気は許さない!

ゆいへのヤキモチで半ば仕事を放置した小百合。
さちにたしなめられると、ごめんなさいと言って、現場に戻った。
ゆいが片づけをしてると、小百合が戻って黙と掃き掃除を始めた。

ゆいは、小百合の存在に気付いたが視線を合わさず機材の片づけに集中する。
無言な時間が30分も続いた後、ようやくゆいが小百合に声をかける。

小百合、終わった?
うん。掃いたゴミ捨てたら

小百合は最後、いつものようにフロアの床をモップ掛けして仕事を終える。
仕事が終わると先生が最後の挨拶に来た。
今日も床がピッカピカね。小百合ちゃん、お疲れ。これ、貰い物だけど、クッキー。
私、すっごく好きなんだけど、一人で食べるにはちょっと忍びないから
ありがとうございます

は〜い、みんな。今日もお疲れさま。明日もよろしくね

ゆいと小百合は、お互い何か言いたいのに、クレアのことが引きずっていて家に帰るまで無言。
小百合はずっと窓の外を見て、ゆいの方を見なかった。

家に帰りずっと黙っていた小百合は、ゆいの服を掴んだ。
ゆい!何よ!ずっと何回もカッコいいばっかり言ってさ〜!ニタニタ笑って!
私なんかと全然違う人じゃん。ゆいだって、やっぱりそうじゃん。カッコいい人が好きなんじゃん!

ゆいは、いきなり服を掴み大声で叫ぶ小百合に驚き、体が固まる。
ごめんね、小百合。私、ちょっと浮かれちゃった。つまずいて転びそうになった時、抱えられてさ〜。
良い匂いがして、一瞬わぁ〜って思っちゃって。ごめん。ごめんなさい
ねぇ?どんな匂いしたの?ゆいがそそられる匂いって?私も付ける。付けるから、ほかの人に心行かないで

小百合の叫びに、小百合を傷つけたゆいは申し訳ない気持ちでいっぱい。
ごめん。ごめんね、小百合。ごめん。ごめんなさい
ゆいは両手で小百合の頬に手を置きチューをした。
私が好きなのは小百合。小百合だけ。気持ちはどこにも行かない。信じて
ゆいは、涙で濡れた小百合の頬を拭いて、その瞳にも口づけをする。
小百合はゆいと目が合うと、ゆいの胸に顔をうずめる。
いつまでも鼻をすすりながら泣く小百合をゆいはきつく抱きしめた。

小百合、泣かないで。もうあんなこと言わないから
絶対?
絶対。約束する
約束破ったら?
坊主になる
高校生か?

おかしなやり取りに笑う二人。

ゆいは小百合に、小百合、お腹空いた〜と思いっきりもたれる。
お昼は?
食べてない。時間のキリが付かなくて。ねぇ?お腹いっぱい食べたいんだけど
分かった。冷蔵庫見てくるから

小百合は冷蔵庫を開けると、麻婆豆腐の支度の跡を見つける。
ゆい?これって
あ〜。その日、作るつもりだったけど、回転寿司行っちゃったから。じゃ、小百合これ作って。
後、何か煮物が食べたい
う〜ん。分かった。待ってて。あっ、そうだ!

小百合は、ゆいの後ろに回って、もう一度ゆいのお尻を蹴った。
イッタイ!
ゆい!今度浮気みたいなこと言ったら、2回じゃ済まないからね!
ご〜めんなさい!

お尻を蹴ってスッキリした小百合は米を研ぎながら笑った。

小百合が晩ご飯を作ってる間、ゆいはスマホを開ける。
あっ、小百合。明後日の土曜日なんだけど、ちょっと早めに行くの。だから学校はバスで行ってくれるかな?
うん。土曜日ね。一昨日話してくれたよね。由美さんの写真集のことでしょ?
うん、そうなんだ。構成に入るから参加するの。さっちゃんも一緒。
それでね、出版社へ行く前に、こないだ行った楽心庵でおかきを買って、帰りに川崎さんのスタジオへ寄ってくの

小百合は、大根と鶏肉が入った鍋を弱火にして、ゆいの隣に座った。
川崎さんって、ゆいの先輩だよね?
覚えてたんだ。うん。美野里もいるし、スルーするのもなんだから
そうだね。何時に出る?
そう〜だね〜、さっちゃんを迎えに行きたいから、遅くても7時半には出ないと。
小百合はゆっくりしてて

小百合は、一緒に起きるし、朝ご飯作るからとゆいの腕の中に入る。
でも、朝早いよ。いいの?
一緒に食べたいから
じゃ、お願いします
はい!

ピーピーピー
ご飯が炊けて、小百合は台所に立った。
小百合が鍋のフタを開けた時、煮物の匂いがゆいの空きっ腹の胃に反応して大きな音でグゥ〜〜〜と鳴った。
その音で二人は目が合い思いっきり笑う。

ゆい、もう出来るからね
ゆいも一緒にテーブルの支度を始める。
器に盛られた料理に、早く食べたいばかり。

はい、お待たせしました
いただきまぁ〜す
ゆいはよっぽど空いていたのか、美味しい!の一言を呟いた後、何も喋らず黙と食べる。
その姿をおかずに、小百合もご飯を食べた。

ゆい?私、取らないからゆっくり食べて
あ〜〜もう、幸せ。小百合のご飯で満たされるってホント幸せ
いつも言ってくれてありがと

« おはようございます | トップページ | 岡山市リフォーム »